FC2ブログ
元々はレースシム(NR2003)主体だったが、いまではPC関連ネタが多いブログ。
http://setosan.blog1.fc2.com/
第弐千八百五拾弐章
2015-06-24 Wed 00:44

■ 雑記

rFactor2WorldWeatherにコースを追加する方法を記載。
先日、ISIからリリースされたAtlanta Motorsports Parkを例に用いて、追加方法を説明します。

準備

1、\rFactor2\UserData\player\Settings内に、Atlanta Motorsports Parkのセットを保存するフォルダがあるのか確認。コースをインストールした直後はフォルダは無いので、一度rF2を起動させてコースをロードし、生成させておく必要があります。
case2-2.jpg

2、\rFactor2に配置してあるWeatherConfig.xmlを、メモ帳などのテキストエディタで開きます。一番下まで持って行くと、"Zandvoort"の項目が出てきますので、画像で選択している範囲の記述をコピーし、1段空白を入れて貼り付けを行います。
case2-4.jpg

3、[Location name="xxx" inProfiles="1"](<>を入れると表示されないので、[]に置き換え)の所に、サーキットの名称やサーキットのある地域の名称を記載。地名(アトランタ)だと自身が混乱する可能性がある為、今回はコース名「Atlanta Motorsports Park」にします。
case2-5.jpg

4、[Parameter name="Location" value="xxx"/]に、The Weather Channelから取得する地域データ番号を記載します。サーキット名かサーキットが存在する市で検索を行うと、URLの所が画像のように表示されますので、赤枠の範囲の記述をxxxへ記述します。case2-7.jpg
case2-8.jpg


5、[Parameter name="Longitude" value="xxx"/]にサーキットの経度を記載
  [Parameter name="Latitude" value="xxx"/]にサーキットの緯度を記載
  大抵のサーキットの座標はWikiに掲載されているので、それを参照すると良いでしょう。
case2-9.jpg

6、[Directory path="xxx"/]にはセットを保存するフォルダ名を記載します。Atlanta Motorsports Parkは、5つのセーブフォルダが生成されるので、画像のように編集を行います。
case2-10.jpg

これにて追加方法は終りとなります。
別窓 | 黙示録 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<AMDのハイエンドGPU「Radeon R9 Fury X」が発売、実売11万円 | Bellのからくり黙示録 | 『World of Warships』開発者を突撃!「大和のモデリングには多大な敬意を払った」…OBTの情報も>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Bellのからくり黙示録 |